HOME 募集・表彰 新化学技術研究奨励賞 第13回新化学技術研究奨励賞







各種募集

新化学技術研究奨励賞
新化学技術研究奨励賞ステップアップ賞

 公益社団法人新化学技術推進協会(JACI)では、産学官交流連携活動の一環として、新化学技術研究奨励賞を設けています。本奨励賞は、化学産業界が必要とする研究課題を設定し、その実現に貢献することができる若手研究者の独創的な萌芽的研究テーマを発掘・奨励する目的で毎年公募しています。

 今年も、下記の通り、環境分野、エネルギー・資源分野、電子情報分野、ライフサイエンス分野、脳科学分野、コンピューターケミストリ分野、先端化学・材料分野からの12 課題と特別課題 革新的合成分野 を設けましたので、奮ってご応募下さい。

 また、研究奨励賞受賞者を対象にしたステップアップ賞を設けていますので、将来の応募も念頭に入れていただき、本研究奨励賞にご応募ください。

第13回新化学技術研究奨励賞課題一覧
特別課題 有機合成化学におけるフロンティア
課題1 グリーンイノベーションを推進するための資源・プロセス・評価等に関する環境技術の研究
課題2 新しい資源代替材料・技術の創製、および資源の節約・回収・再利用に関する基盤的研究
課題3 バイオマス由来製品の事業化課題を解決する革新的な機能を有する素材の開発研究、又は革新的なバイオマス変換技術の研究
課題4 エネルギー変換・貯蔵・省エネ分野における革新素材・技術に関する研究
課題5 超スマート社会を支えるエレクトロニクス材料に関する研究
課題6 マイクロナノシステムの用途拡大につながる新規な材料・加工技術、及びデバイスに関する研究
課題7 生体機能を利用した新規合成・生産・製造に貢献する基盤技術と評価技術に関する研究
課題8 生体機能・生体分子に着目した革新的ライフサイエンス材料に関する研究
課題9 人に寄り添う新しい社会へ対応するための脳科学および感性科学の研究
課題10 持続可能な開発目標に資する材料設計・プロセス設計のための計算科学・計算工学・データ科学の研究
課題11 国内産業の強化・新産業創出に資する「新素材」実現のための基盤的研究
課題12 サステイナブルな社会の実現に向けた革新的反応技術に関する研究


応募資格

  • 国内の大学、またはこれに準ずる研究機関(大学共同利用機関、高等専門学校、公的研究機関)において研究活動に従事する人。(研究場所は日本国内に限ります)
  • 2023年4月1日時点で満40歳未満の人。ただし、ライフイベント等による研究中断があった場合、それを考慮いたします。
  • 受賞後少なくとも1年間は応募テーマを研究できる人。(ポストドクター、研究員は応募可能ですが、学部および大学院の学生は応募できません)

募集期間

2023年12月14日(木) ~ 2024年2月8日(木) 17時まで

選考件数

各研究課題につき原則として1件

助成金

受賞者には、助成金として1件につき100万円を個人に対して贈呈します。
研究目的であれば使途は限定しません。



応募方法

募集終了しました。




問い合わせ先


公益社団法人新化学技術推進協会 新化学技術研究奨励賞・ステップアップ賞担当
〒102-0075 東京都千代田区三番町2 三番町KSビル 2F
TEL 03-6272-6880 FAX 03-5211-5920
E-mail jaciaward13@jaci.or.jp

 新化学技術研究奨励賞ステップアップ賞は、研究奨励賞受賞後の研究に対して、切れ目の無い継続的な研究助成を行うことにより、研究成果の産業界への早期活用を図ることを目的に設けられたものです。

  本年度の募集を12月14日から開始しますので奮ってご応募ください。

応募資格

  • 研究奨励賞受賞後1年経過後から6年以内の方で、研究奨励賞受賞テーマを発展させたテーマ、またはその関連テーマについての応募であること。
  • 国内の大学またはこれに準ずる研究機関(大学共同利用機関、高等専門学校、公的研究機関)において研究活動に従事して、日本国内で研究を実施すること。

なお、今回応募資格を有するのは、第7回~第11回の研究奨励賞受賞者の方々です。その方々にはメールで募集要項と応募書類をお送りします。

募集期間

2023年12月14日(木)~2024年2月8日(木)17時まで

選考件数

原則として1件/年以内とします。

助成金

受賞者には、研究助成金として、申請書に記載の予算額(上限300万円)を個人に対して贈呈します。研究目的であれば、使途は限定しません。


問い合わせ先


公益社団法人新化学技術推進協会 新化学技術研究奨励賞・ステップアップ賞担当
〒102-0075 東京都千代田区三番町2 三番町KSビル 2F
TEL 03-6272-6880 FAX 03-5211-5920
E-mail jaciaward13@jaci.or.jp


第13回新化学技術研究奨励賞 および 2024新化学技術研究奨励賞ステップアップ賞


 第13回新化学技術研究奨励賞および2024新化学技術研究奨励賞ステップアップ賞の受賞者は、厳正なる審査の結果、以下のように決定しました。
受賞者の皆様、おめでとうございます。
また、多数のご応募を頂き、ありがとうございました。

◇ 2024新化学技術研究奨励賞ステップアップ賞
     東京工業大学 理学院 前田 和彦
     『普遍金属と有機配位子で創る人工酵素型CO2還元触媒』

◇ 第13回新化学技術研究奨励賞

特別課題: 有機合成化学におけるフロンティア
九州大学 高等研究院 矢崎 亮
 『触媒的ジアゼン化による脱アミノ化合成基盤構築』
 
課題1: グリーンイノベーションを推進するための資源・プロセス・評価技術等に関する環境技術の研究
山梨大学 大学院総合研究部 小俣 香織
『酸化物被覆バナジウム膜の水素透過メカニズム解明と水素キャリアからの水素分離・精製への展開』
 
課題2: 新しい資源代替材料・技術の創製、および資源の節約・回収・再利用に関する基盤的研究
東北大学 学際科学フロンティア研究所 阿部 博弥
『高分子ナノ反応場による超高活性酸素還元触媒の開発』
 
課題3: バイオマス由来製品の事業化課題を解決する革新的な機能を有する素材の開発研究、又は革新的なバイオマス変換技術の研究
東京工業大学 物質理工学院応用化学系 木村 健太郎
『グルコース由来HMFの選択合成を指向したMg-Alハイドロタルサイト担持階層型ゼオライトの開発』
 
課題4: エネルギー変換・貯蔵・省エネ分野における革新素材・技術に関する研究
東北大学 多元物質科学研究所 出倉 駿
『水素エネルギー利活用に資する有機固体中プロトンダイナミクス自在制御技術の開発』
 
課題5: 超スマート社会を支えるエレクトロニクス材料に関する研究
東京大学 大学院新領域創成科学研究科物質系専攻 女屋 崇
『原子層スケールの化学反応制御に基づくHfO2系ナノラミネート強誘電体薄膜の創製』
 
課題6: マイクロナノシステムの用途拡大につながる新規な材料・加工技術、及びデバイスに関する研究
広島大学 大学院先進理工系科学研究科 樽谷 直紀
『異種ナノ粒子の空間配置制御による機能開拓』
 
課題7: 生体機能を利用した新規合成・生産・製造に貢献する基盤技術と評価技術に関する研究
東京工業大学 地球生命研究所 福永 圭佑
『有用物質生産に資する遺伝子発現制御技術の開発』
 
課題8: 生体機能・生体分子に着目した革新的ライフサイエンス材料に関する研究
東京大学 大学院工学系研究科 森廣 邦彦
『化学/酵素反応で着脱可能な核酸用分子ジャケットの開発』
 
課題9: 人に寄り添う新しい社会へ対応するための脳科学および感性科学の研究
自治医科大学 医学部解剖学講座組織学部門 長内 康幸
『髄鞘形成細胞の操作を介した効率的な感覚代償誘導法の開発』
 
課題10: 持続可能な開発目標に資する材料設計・プロセス設計のための計算科学・計算工学・データ科学の研究
名古屋大学 高等研究院 石田 崇人
『高分子の「劣化と分解」に関する統合的計算基盤構築と劣化度に応じた最適な分解条件の探索』
 
課題11: 国内産業の強化・新産業創出に資する「新素材」実現のための基盤的研究
京都大学 化学研究所 橋川 祥史
『キラル炭素ナノ複合体の合理的設計と開発』
 
課題12: サステイナブルな社会の実現に向けた革新的反応技術に関する研究
東京大学 生産技術研究所 塚本 孝政
『メタンドライリフォーミング反応の低温駆動に向けた金属・合金クラスター触媒に関する研究』


第13回新化学技術研究奨励賞および2024新化学技術研究奨励賞ステップアップ賞の審査委員は
以下の通りです。
(敬称略 所属、役職は、審査委員会時点のものです)

株式会社カネカ 常務執行役員 成形プロセス開発研究所長 上田 正博
東京農工大学 大学院工学研究院応用化学部門 教授 平野 雅文
大学共同利用機関法人自然科学研究機構 分子科学研究所 教授 江原 正博
筑波大学 生命環境系 教授 微生物サスティナビリティ研究センター センター長 野村 暢彦
JST ACT-X 環境とバイオテクノロジー 研究統括  
情報通信研究機構 未来ICT研究所 成瀬 康
  脳情報通信融合研究センター脳機能解析研究室 室長  
大阪大学 大学院情報科学研究科 招聘准教授  
国立研究開発法人産業技術総合研究所 デバイス技術研究部門 総括研究主幹 秋永 広幸
東京理科大学 副学長 創域理工学部先端化学科 教授 井手本 康
東北大学大学院 工学研究科・工学部応用化学専攻 教授 冨重 圭一
DIC株式会社 R&D統括本部長 兼 総合研究所長 小池 展行


【2024新化学技術研究奨励賞ステップアップ賞 受賞研究の紹介】

普遍金属と有機配位子で創る人工酵素型CO2還元触媒
東京工業大学 理学院
前田 和彦
 2024新化学技術研究奨励賞ステップアップ賞を受賞することができ、大変光栄に存じます。受賞対象となった二酸化炭素還元用の配位高分子触媒に関する研究は、2020年の奨励賞研究の中で偶発的に見出した成果がきっかけとなっています。これには、幅広く材料探索を行う中で出会った共同研究者の先生方の力が決定的に重要でした。ステップアップ賞の研究では、社会実装も見据えた大きな展開を目指しています。引き続き大学や企業の研究者と連携しながら、研究成果の社会への還元に尽力して参ります。

【第13回新化学技術研究奨励賞 受賞研究の紹介】 

特別課題:有機合成化学におけるフロンティア
触媒的ジアゼン化による脱アミノ化合成基盤構築
九州大学 高等研究院
矢崎 亮
 第13回新化学技術研究奨励賞に選出いただき、誠にありがとうございます。審査委員の皆様および関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。脱アミノ化反応は、ユビキタスなアミンの新たな活用法として近年注目を集めています。しかし、現状の脱アミノ化手法では多段階プロセスや事前活性化が必要です。本研究では、アミンを直接用いた脱アミノ化合成基盤の構築を目的としており、アミンの利用拡大に貢献したいと考えています。
課題1:グリーンイノベーションを推進するための資源・プロセス・評価技術等に関する
     環境技術の研究
酸化物被覆バナジウム膜の水素透過メカニズム解明と水素キャリアからの水素分離・精製への展開
山梨大学 大学院総合研究部
小俣 香織
  この度は、第13回新化学技術研究奨励賞に選出いただき、感謝申し上げます。水素を効率よく輸送・貯蔵するために、アンモニア等の水素キャリアが注目されています。水素キャリアから純粋な水素を取り出して利用するためには、水素のみを分離・精製できる水素透過膜が不可欠です。本研究では、酸化物被覆V膜が水素を透過するメカニズムを解明し、貴金属であるPd触媒を必要としない新規膜分離技術の確立に挑戦します。
課題2:新しい資源代替材料・技術の創製、および資源の節約・回収・再利用に関する
     基盤的研究
高分子ナノ反応場による超高活性酸素還元触媒の開発
東北大学 学際科学フロンティア研究所
阿部 博弥
 この度は第13回新化学技術研究奨励賞を頂き、誠にありがとうございます。燃料電池や金属空気電池といった次世代エネルギーデバイスに使用される電極触媒には、白金などの貴金属が使用されることが多いです。本研究課題では、持続可能なエネルギー利用に向けて鉄などの豊富な金属を利用した電極触媒の設計を試みます。特に、酵素の活性中心に見られるような3次元的な反応場から着想を得た、高分子修飾による高活性な電気化学反応場の創成を目指します。
課題3:バイオマス由来製品の事業化課題を解決する革新的な機能を有する素材の
     開発研究、又は革新的なバイオマス変換技術の研究
グルコース由来HMFの選択合成を指向したMg-Alハイドロタルサイト担持階層型ゼオライトの開発
東京工業大学 物質理工学院応用化学系
木村 健太郎
 この度は第13回新化学技術研究奨励賞にご選出いただき誠にありがとうございます。バイオマス由来化合物からの高付加価値物質合成には,酸と塩基点との共存反応場が有効であります。ただし,これらの活性点を任意に制御することは難しく,有用化学物質を選択的に合成するには課題が多いのが現状です。本研究では,各活性点を制御する酸・塩基点共存反応空間を目指し,塩基点を有するMg-Al型ハイドロタルサイトをゼオライト外表面に積層させた触媒の開発を行います。
課題4:エネルギー変換・貯蔵・省エネ分野における革新素材・技術に関する研究
水素エネルギー利活用に資する有機固体中プロトンダイナミクス自在制御技術の開発
 東北大学 多元物質科学研究所
出倉 駿
 この度は、第13回新化学技術研究奨励賞に選出いただき、大変光栄に存じます。有機固体中のプロトン(水素イオン:H+)ダイナミクスは、水素燃料電池の固体電解質の性能に直結するだけでなく、水素化物の高温超伝導等の卓越した材料機能の発現機序にも繋がる重要な現象ですが、現在もなおその学理は確立されていません。本研究では、「プロトン互変異性」という新たなプロトン輸送機構を基盤に、小分子からなる有機固体中でのプロトンを流す・止める等自在に制御できる学術基盤の構築を目指します。
課題5:超スマート社会を支えるエレクトロニクス材料に関する研究
原子層スケールの化学反応制御に基づくHfO2系ナノラミネート強誘電体薄膜の創製
東京大学 大学院新領域創成科学研究科物質系専攻
女屋 崇
  この度は第13回新化学技術研究奨励賞にご選出いただき、大変光栄に存じます。近年、原子層オーダーで異種材料を交互に積層することでナノラミネート薄膜を形成可能な原子層堆積法を用いた材料設計が注目されています。本研究ではこのナノラミネート技術に加えて、原子層堆積法の特徴を最大限に活かした独自のアイディアに基づき、原子層スケールで化学反応を制御しながら薄膜を作製して物性を制御することで、次世代高性能不揮発性メモリに資するHfO2系強誘電体ナノ薄膜の創製に挑戦します。
課題6:マイクロナノシステムの用途拡大につながる新規な材料・加工技術、
     及びデバイスに関する研究
異種ナノ粒子の空間配置制御による機能開拓
広島大学 大学院先進理工系科学研究科
樽谷 直紀
 このたびは第13回新化学技術研究奨励賞にご選出いただき、大変光栄に存じます。マイクロスケールからナノスケールに特徴的な構造をもつ材料はユニークな機能を発現することが知られています。本研究では異なる化学組成、結晶構造からなるナノ粒子を複数組み合わせた材料に注目しています。各ナノ粒子の空間的な配置を制御することで様々なナノスケールの秩序を構築し、材料の機能変調を明らかにすることに挑戦します。
課題7:生体機能を利用した新規合成・生産・製造に貢献する基盤技術と評価技術に
     関する研究
有用物質生産に資する遺伝子発現制御技術の開発
東京工業大学 地球生命研究所
福永 圭佑
 第13回新化学技術研究奨励賞にご選出いただき、心より感謝申し上げます。本研究は、大腸菌用の遺伝子発現制御システムを高性能化することを目的として、リボスイッチを用いた人工遺伝子回路の構築を行います。高性能リボスイッチの開発、また大腸菌への人工遺伝子回路の実装により、バイオものづくりに貢献することを目指します。
課題8:生体機能・生体分子に着目した革新的ライフサイエンス材料に関する研究
化学/酵素反応で着脱可能な核酸用分子ジャケットの開発
東京大学 大学院工学系研究科
森廣 邦彦
 この度は第13回新化学技術研究奨励賞にご選出いただき、誠にありがとうございます。DNAやRNAに化学修飾を施した人工核酸は、医薬品開発をはじめさまざまな分野で重要な素材となりつつありますが、機能性発現の時空間制御が課題となっています。本研究では、核酸分子の機能性を一時的にマスクできる分子ジャケットを開発し、その着脱を利用することで上記の課題を克服します。さらに本技術を核酸医薬に応用し、薬効発現の制御に挑戦します。
課題9:人に寄り添う新しい社会へ対応するための脳科学および感性科学の研究
髄鞘形成細胞の操作を介した効率的な感覚代償誘導法の開発
自治医科大学 医学部解剖学講座組織学部門
長内 康幸
 この度は第13回新化学技術研究奨励賞に選出され、誠に光栄です。近年、精神疾患や認知症などの脳疾患において、神経細胞以外の細胞が重要な機能を持つことが次第に明らかになっています。本研究では機能がまだ十分に分かっていないオリゴデンドロサイトの理解と操作を通して、年を取るにつれて脳が固くなる(可塑性が低下する)メカニズムの解明と年を取っても環境の変化に柔軟に対応するための介入法の開発を目指します。
課題10:持続可能な開発目標に資する材料設計・プロセス設計のための計算科学・
      計算工学・データ科学の研究
高分子の「劣化と分解」に関する統合的計算基盤構築と劣化度に応じた最適な分解条件の探索
名古屋大学 高等研究院
石田 崇人
 第13回新化学技術研究奨励賞に選出いただき、大変光栄に存じます。ジカルを伴って起こる高分子の劣化は”好ましくない”現象として認識されてきた一方で、類似の反応機構で高分子を分解することが樹脂材料の資源循環の新たな扉を開く鍵として注目を集めています。本研究では、粗視化分子動力学の枠組みを拡張し、高分子の劣化・分解を表現する計算基盤を構築することで、真に実効的な資源循環に資する計算科学を展開します。
課題11:国内産業の強化・新産業創出に資する「新素材」実現のための基盤的研究
キラル炭素ナノ複合体の合理的設計と開発
京都大学 化学研究所
橋川 祥史
 この度は第13回新化学技術研究奨励賞に選出いただき誠にありがとうございます。近年、複数の炭素同素体を組み合わせることで新しい機能性炭素ナノ材料を創り出そうとする試みが報告されつつありますが、多くの場合、炭素同素体間の共役が切断されており、期待する複合物性が十分に発現しないという課題があります。本研究では、独自に開発した炭素ナノ材料を鍵骨格の1つに用いた完全縮合型の複合キラル材料の開発を目指します。
課題12:サステイナブルな社会の実現に向けた革新的反応技術に関する研究
メタンドライリフォーミング反応の低温駆動に向けた金属・合金クラスター触媒に関する研究
東京大学 生産技術研究所
塚本 孝政
  この度は、第13回新化学技術研究奨励賞に選出いただき、大変光栄に存じます。主要な温室効果ガスである二酸化炭素とメタンを、エネルギー・化学原料である水素と一酸化炭素に変換する「メタンドライリフォーミング反応(DRM)」は、GSCの理念に沿った有用な化学反応の一つと期待されています。本研究提案では、新たに金属クラスター触媒を取り入れることで、これまでにないDRM反応の低温駆動の実現を目指し、量子サイズの材料を基盤とする革新的触媒設計コンセプトの確立を図ります。

▲ページの先頭へ