HOME GSCN 表彰 GSCポスター賞







グリーン・サステイナブル ケミストリー ネットワーク

第11回JACI/GSCシンポジウム GSCポスター賞

Winners of GSC Poster Awards on 11th JACI/GSC symposium (2022.6.16)

第11回JACI/GSCシンポジウムにおけるポスター発表において、35歳以下の若手研究者・技術者を対象にポスター賞の募集を行いました。200件の応募発表に対し、産学官の委員による審査を行い、発表の内容、GSC推進への貢献度、プレゼンテーション等において特に優れた下記23件がGSCポスター賞に選ばれました。

(敬称略;受賞者五十音順)

バイオマス由来のスーパーエンプラXecoTの開発と応用
浅井 美穂(ユニチカ株式会社)
 
カーボンニュートラルを指向した多孔質有機塩による選択的二酸化炭素回収
網 貴裕(大阪大学)
 
ビスイミダゾリン-リン酸触媒による光学活性チアゾリジンの合成
飯塚 夕夏(名古屋工業大学)
 
有機ホウ素触媒を利用するアルケンの立体特異的オキシシアノ化
石塚 美羽(大阪大学)
 
Fe2O3とSbからなるコンポジット電極のナトリウムイオン電池負極特性
岩間 詠志(鳥取大学)
 
液体金属含有ゲルを用いたストレッチャブルバッテリー
宇佐美 夏香(横浜国立大学)
 
リグニンスルホン酸/カチオン性高分子複合体の調製と接着剤への応用
牛丸 和乗(産業技術総合研究所)
 
ポリグリコール酸/多分岐高分子複合ナノファイバーの熱運動制御と分解特性
江頭 麗稀(九州大学)
 
酸素と水による常圧での低環境負荷型イソパラフィン選択酸化
大野 誠尚(東北大学)
 
二酸化炭素類縁体を活性化可能とするルイス酸/ルイス塩基の二元協働機能有機アルミニウム錯体
岡本 大嵩(大阪大学)
 
アンモニウム塩とアリルアルコールからの穏和かつ簡便な触媒的第一級アリルアミン合成法の開発
片岡 駿介(九州大学)
 
ファインバブル有機化学:環境調和型条件下での高効率気相-液相反応の実現
小塚 智貴(静岡大学)
 
再生可能エネルギーを駆動力とする環境汚染物質からのファインケミカル合成
七條 慶太(九州大学)
 
LED光源を用いた電子不足オレフィン類に対するメタルフリー・ヒドロキシーペルフルオロアルキル化反応
田上 湖都(お茶の水女子大学)
 
生体触媒利用による二酸化炭素を原料としたプラスチック原材料合成系の新規開発
竹内 未佳(大阪公立大学)
 
均一網目構造を有する高Li塩濃度TetraPEGゲル電解質の物性と電池適用
田崎 菜摘(横浜国立大学)
 
水素結合モードの多様性と架橋高分子の力学特性の相関
田島 怜奈(東京大学)
 
水素生成のためのPt/ZrO2-x光触媒の開発
堂下 直人(大阪大学)
 
果汁脱水濃縮用Na-ZSM-5正浸透膜の開発
根岸 恵利(早稲田大学)
 
安全な水素社会達成のための超分子エラストマーからなるアンモニアガスセンサー
朴 峻秀(大阪大学)
 
爆発下限界の水素ガスを用いた二酸化炭素からの生分解性ポリエステル生合成
宮原 佑宜(東京工業大学)
 
酸化セリウム触媒およびアミン溶媒を用いたCO2吸収アミンからの尿素誘導体合成
藪下 瑞帆(東北大学)
 
高い吸着抑制表面を有する膜透過型イムノセンサの開発
山下 浩輝(東京工業大学)
 

▲ページの先頭へ