HOME GSCN 表彰 GSCポスター賞







グリーン・サステイナブル ケミストリー ネットワーク

GSCポスター賞

第5回JACI/GSCシンポジウム GSCポスター賞
Winners of GSC Poster Awards on 5th JACI/GSC symposium (2016.6)

第5回JACI/GSCシンポジウムにおけるポスター発表において、35歳以下の若手研究者・技術者を対象にポスター賞の募集を行いました。過去最多の312件の応募発表に対し、産学官の委員による審査を行い、発表の内容、GSC推進への貢献度、プレゼンテーション等において特に優れた下記26件がGSCポスター賞に選ばれました。2016年6月3日、シンポジウム2日目の講演終了後に表彰式が行われ、賞状が授与されました。

『 過酸化水素による高選択的なベンゼン水酸化反応を触媒するニッケル錯体 』
  森本 祐麻  大阪大学

『 1電子移動機構によるアルキニル亜鉛反応剤とヨウ化アリールのカップリング反応 』
  大倉 圭翔  京都大学

『 Fabrication of 3D-moldable Composites Reinforced with Cellulose Nanofibers (CNFs)
 and Their Optical Applications 』 
  Subir Kumar Biswas  京都大学

『 プロトン交換型モンモリロナイト触媒によるカルボン酸誘導体を用いたポリエーテルの
 エステルへの解重合反応 』 
  山田 翔太  大阪大学

『 ノンイノセントPNPピンサー型ホスファアルケンイリジウム(I)錯体によるCO2の
 触媒的ヒドロシリル化反応 』
  田口 廣臣  京都大学

『 バイオの力で発電する燃料電池 』 
  宋 慶盛  京都大学

『 光による機能性キノンのレドックス変換 
  齊藤 瑛二  神戸大学

『 イリジウム触媒を用いた含窒素複素環の脱水素化ならびに水素化
 (Iridium-Catalyzed Dehydrogenation and Hydrogenation of N-Heterocycles) 』 
  和田 智勝  京都大学

『 硫化物全固体リチウム二次電池電極・電解質界面における中間層導入効果の解明 』
  陳 科政  京都大学

『 エナジーハーベスターに向けた気相重合によるPEDOT薄膜の作製と熱電特性評価 』
  平井 愛  神戸大学

『 ベータバレル型タンパク質空孔内にヒドロゲナーゼモデル鉄二核錯体を導入した
 ハイブリッドバイオ触媒における水素発生評価 』
  青木 亜由美  大阪大学

『 Amino acid ionic liquids-based ion gel membranes with high CO2 separation efficiency
 for ventilation application 』 
  Farhad Moghadam  神戸大学

『 均一系触媒を用いたギ酸分解による水素の大量発生 』
  尾西 尚弥  産業技術総合研究所

『 太陽光を利用してCO2を固定化するための人工光合成型光電気化学セルの開発 』 
  高山 大鑑  東京理科大学

『 後周期遷移金属錯体固定化触媒を用いた温和な条件下でのエチレン低重合による
 α-オレフィンの合成 』 
  平原 実留  埼玉大学

『 金属表面での共連続構造の形成と金属樹脂接合への応用 』 
  上原 風愛  大阪府立大学

『 吸熱的低温改質反応による中低温排熱利用技術の開発 』
  成 基明  東北大学

『 ラクチルセグメントを用いた柔軟性セグメント化ポリ乳酸の合成と特性 』 
  増谷 一成  京都工芸繊維大学

『 Environmentally Friendly Ester Synthesis Reactions Catalyzed
 by Developed Zinc Catalysts 』 
  中武 大貴  九州大学

『 SrFe1-xTixO3の酸素貯蔵能 』
  出水 章登  京都大学

『 セルロースナノファイバーの界面制御技術 』 
  大和 恭平  花王株式会社

『 ファインバブル手法による多相系グリーン有機合成 』 
  仁科 裕樹  静岡大学

『 Rhドープチタン酸ナノシートの合成と光有機物分解反応への適用 』 
  Wasusate Soontornchaiyakul  島根大学

『 ニッケル触媒を用いたテトラフルオロエチレンとエチレンとカルボニル化合物の
 交差三量化反応 』 
  白瀧 浩志  大阪大学

『 電界印加成膜した有機強誘電体薄膜の巨大焦電応答特性 』 
  酢谷 陽平  神戸大学

『 キラルプラズモニックマグネタイトおよびハイブリッドポリマーナノチューブ 』 
  岸本 直也  近畿大学


▲ページの先頭へ