HOME GSCN 表彰 GSCポスター賞







グリーン・サステイナブル ケミストリー ネットワーク

GSCポスター賞

Winners of GSC Poster Awards on 7th JACI/GSC symposium (2018.6.15)

第7回JACI/GSCシンポジウムにおけるポスター発表において、35歳以下の若手研究者・技術者を対象にポスター賞の募集を行いました。232件の応募発表に対し、産学官の委員による審査を行い、発表の内容、GSC推進への貢献度、プレゼンテーション等において特に優れた下記25件がGSCポスター賞に選ばれました。2018年6月15日、シンポジウム2日目の講演終了後に表彰式が行われ、賞状が授与されました。


(敬称略;受賞者五十音順)
『シクロデキストリンとビオロゲン誘導体の包接錯体により架橋された高強度酸化還元応答性アクチュエータ』
荒本 光(大阪大学)
 
『二酸化塩素光酸化によって修飾したポリプロピレンの接着特性』
賈 燕坤(大阪大学)
 
『600nmまで応答する金属酸化物を用いたZスキーム型光触媒による可視光照射下での水を電子源としたCO2資源化反応』
鹿島 有人(東京理科大学)
 
『チオキサンチリウム有機フォトレドックス触媒による緑色光を光源としたradical cation Diels-Alder反応』
岸本 真実(横浜国立大学)
 
『アミノ酸イオン液体含有CO2分離ゲル膜のワンステップ調製法の開発』
木ノ下 雅之(神戸大学)
 
『Dehydrogenation of hydroquinones to benzoquinones and naphthoquinones by activated carbon under oxygen atmosphere』
Kim Sanghun(神戸大学)
 
『CuO担持SiO2触媒上での1-ブテンの酸化的脱水素反応による高選択的1,3-ブタジエン生成』
清川 貴康(関西大学)
 
『有機分子不斉触媒を用いるスピロオキシインドール骨格のエナンチオ選択的構築』
草場 未来(大阪大学)
 
『植物資源を原料とした新規多環芳香族ポリエステルの合成と物性』
後藤 達也(東京大学)
 
『窒素上無保護ケチミンの新規触媒的直接合成法の開発』
近藤 優太(九州大学)
 
『バンドギャップ可変Sn(U)酸化物Sn2(Nb2-xTax)O7における正孔生成』
三溝 朱音(東京理科大学)
 
『Effect of doping level on the electrochemical reduction of CO2 on boron-doped diamond electrodes』
XU JING(慶應義塾大学)
 
『酸化リチウムコバルト粉体/過塩素酸リチウム-PC-DME溶液共存系のイオン伝導』
鈴木 良将(神戸大学)
 
『酸素欠損を持つLaNiO3-δの酸素還元活性』
田中 広之(京都大学)
 
『ギ酸からの高効率水素生成を駆動するPdCuCr三元型ナノ粒子触媒』
仲 浩平(大阪大学)
 
『求電子的C-Hホウ素化反応による含BNコランニュレンの合成』
中塚 宗一郎(関西学院大学)
 
『ロジウム触媒を用いたイソオキサゾールとアルキンとの多重縮合反応によるナフト[1,8-bc]ピラン類の合成』
野口 徹平(大阪大学)
 
『温度応答性デンドロン脂質-金ナノロッドハイブリッドベクターを用いる光活性化遺伝子導入システム』
橋本 拓弥(大阪府立大学)
 
『機能性分子を化学修飾した六量体ヘムタンパク質の自己集合化』
平山 翔太(大阪大学)
 
『T8主鎖型ポリアゾメチンポリマーによる耐溶剤性を示す高分子フィルムの作製』
藤井 駿一(京都工芸繊維大学)
 
『CO2を炭素源としたアミン類の選択的ホルミル化反応を促進する酸化チタン担持金ナノ粒子触媒の開発』
藤田 周(大阪大学)
 
『室温動作量子型中赤外センサー・LEDを組み合わせた低消費電力CO2ガスセンサーによる空調の効率化』
古屋 貴明(旭化成エレクトロニクス株式会社)
 
『摩擦係数安定銅フリーブレーキパッド』
光本 真理(日立化成株式会社)
 
『CFRPの高効率な溶解技術の開発』
大和 亮介(日立化成株式会社)
 
『Electrochemical Properties of Transition Metal Hydroxide - Conductive Polymer Hybrid and Its Orientation in Magnetic Field』
Yang Guoshen(山梨大学)

▲ページの先頭へ