電子情報技術部会 エレクトロニクス交流会 講演会「ファインバブルの基礎及び応用」の詳細



イベント名 電子情報技術部会 エレクトロニクス交流会 講演会「ファインバブルの基礎及び応用」
日時 2019-09-09 14時00分~18時00分
場所 JACI会議室
概要 (受付は13:30からです)

講演(1)14:00~15:25 〇

講師:寺坂 宏一 氏
慶應義塾大学 理工学部応用化学科 教授 

演題:「ファインバブルの基礎と展望」

要旨:
日本発のファインバブル技術発展の歴史紹介とともに、マイクロバブルやウルトラファインバブルの発生原理や特徴的な物性や挙動特性について整理し、国際標準規格化(ISO)などの進捗状況について紹介します。また食品工業、固体壁面洗浄、超音波洗浄、好気性排水処理などでこれまでにファインバブル技術が活用された国内外の研究例を解説します。さらにいまだ未解決で今後検討すべき課題やこれからの展望について講演します。

講演(2)15:35~17:00 〇

講師:秦 隆志 氏
高知工業高等専門学校 ソーシャルデザイン工学科 准教授

演題:「ファインバブルを用いた地方創生に関する取り組み~高知県での農水・洗浄技術利用~」

要旨:
近年、ファインバブルはcmサイズの気泡とは異なる特性を持つことが確認されています。例えば、cmサイズの単一気泡と同じ容積となる複数個のファインバブルの総表面積は格段に大きく、気液界面での化学反応や物理的吸着、物質輸送が飛躍的に向上すること。また、獲得した巨大な総表面積から内包気体の溶解効率が向上するといった特性を持ちます。高知県ではファインバブルが持つ産業的優位な特性を生かした地方創生を展開しています。今回、高知県における農水産業や洗浄技術への利用事例について紹介します。

※当協会と受信契約を結ばれている会員企業ではサテライト配信でも聴講いただけます。

懇親会 17:00~18:00
参加費・懇親会費について 参加費: 会 員:無料
 (会員リスト:http://www.jaci.or.jp/about/page_06.html )
       非会員:10,000円 (当日受付でお支払い下さい。)
  懇親会費:無料
募集人数 80 人