「全固体電池の最新動向」-資源代替材料分科会主催 エネルギー分科会共催の詳細


申し訳ありませんが、受付は終了しました。


イベント名 「全固体電池の最新動向」-資源代替材料分科会主催 エネルギー分科会共催
日時 2019-05-23 14時0分~17時50分
場所 当協会会議室
概要 講演  ○ サテライト配信対象講演

  (1) 14:00~15:20  

  講師:棟方 裕一 氏
     首都大学東京 大学院都市環境科学研究科 助教
     
  演題:「全固体化で広がる新しい電池の可能性」

  要旨:安全性の向上を目的にリチウム二次電池の全固体化が図られている。
     この新しい電池を実現するためには、電解液の使用を前提としたこれまでの
     材料や電池作製技術では不十分であり、新たな材料設計や電池作製技術が必要となる。
     本講演では、リチウム二次電池の基礎から最近の研究開発動向までを解説するとともに、
     全固体化が拓く新しい電池の可能性を紹介する。


   (2) 15:30~16:50 ○

  講師: 一杉 太郎 氏
      東京工業大学 物質理工学院  教授 
  
  演題:「全固体電池における界面抵抗の低減」

  要旨: 全固体電池の開発が急速に進んでいます。その魅力は高速な充放電であり、
  それを実現する鍵を握っているのが界面です。電池中には固体電解質/電極界面、
  集電体/電極界面などが存在し、すべての界面で低抵抗を達成すれば、大電流を流して
  高速充放電することができます。そこで、界面抵抗制御法の確立に向けて取り組んでいる
  我々の最新の結果を紹介します。



懇親会 16:50-17:50



参加費・懇親会費について ◇会員:無料(会員リスト:http://www.jaci.or.jp/about/page_06.html)
◇上記以外:10,000円 当日受付でお支払いください    
◇懇親会費:無料
募集人数 100 人