電子情報技術部会 マイクロナノシステムと材料・加工分科会 講演会 「IoT社会に向けたマイクロナノシステム」の詳細


申し訳ありませんが、受付は終了しました。


イベント名 電子情報技術部会 マイクロナノシステムと材料・加工分科会 講演会 「IoT社会に向けたマイクロナノシステム」
日時 2017-08-01 14時0分~18時10分
場所 当協会会議室
概要 講演(1)14:00~15:25 〇     
講師:今本 浩史 氏
  (一財)マイクロマシンセンター 産業交流部 部長
演題:「IoT社会に向けたMEMSセンサとセンサシステムの取り組み」
要旨:IoT社会、トリリオンセンサ社会に向けてMEMSセンサを中心にセンサ需要は今後も急激に増加していくと予測されている。このような社会に向けたマイクロマシンセンターでの先端技術開発プロジェクトについて紹介する。特に、センサ端末を設置する際に電池交換や配線を不要にする自立電源の開発、省エネ・インフラモニタリング等の社会課題解決に向けた新規MEMSデバイスやセンサネットワークシステムの開発について最近の取組みを紹介する。 
      

講演(2)15:35~17:00 〇  
講師:秦 誠一 氏
   名古屋大学大学院工学研究科 マイクロ・ナノ機械理工学専攻 教授
演題:「マイクロ・ナノ技術で拓く新材料・新微細加工技術」
要旨:マイクロマシン、MEMSは、Siを中心としたいわば「第一世代技術」により、センサを初めとした産業として確かに根付いたと言える。次世代のマイクロ・ナノシステムでは、Siをベースに発展したシステムに、金属系新材料を初めとした新しい材料を、積極的に取り込むことで、より高性能、高機能で作りやすい、使いやすいシステムへの進化が期待できる。本講演では、マイクロ・ナノ技術を利用した金属系新材料開発や、新しい微細加工技術について、最新の研究内容を紹介する。
       
懇親会 17:10~18:10

申込締切り 7月31日(月)

※受付は13:30からとなります。
参加費・懇親会費について 参加費:会員:無料(会員リスト:http://www.jaci.or.jp/about/page_06.html )
非会員:10,000円 (当日受付でお支払い下さい。)
懇親会費:無料
募集人数 80 人