エネルギー・資源技術部会 資源代替分科会講演会「環境・エネルギーに関する貴金属代替技術」の詳細


申し訳ありませんが、受付は終了しました。


イベント名 エネルギー・資源技術部会 資源代替分科会講演会「環境・エネルギーに関する貴金属代替技術」
日時 2017-06-13 14時0分~18時0分
場所 当協会会議室
概要 (受付は13:30からとなります)

講演 (1) 14:00~15:00 ○

講師:京都大学 学際融合教育研究推進センター 触媒・電池元素戦略研究拠点
     特定准教授 細川三郎先生
演題:「遷移金属複合酸化物の結晶構造を利用した新規触媒材料の開発」
要旨:自動車排ガス処理触媒として,Mn修飾した六方晶希土類―鉄複合酸化物に極微量の
   Pdを担持させた触媒が,従来型の貴金属触媒より優れた触媒活性を示すことを最近
   見出した.また,自動車排ガス処理の必須材料である酸素貯蔵材料として,Sr-Fe系
   複合酸化物が高い機能を持つことも明らかにした.これらの研究事例を基に,本講演
   では,遷移金属複合酸化物がもつ結晶構造と触媒機能の関連性について紹介する.

講演(2) 15:05~16:05 ○

講師:宮崎大学 農学部 応用生物科学科 准教授 井上謙吾 先生
演題:「微生物燃料電池のしくみと応用」
要旨:微生物燃料電池は、微生物が細胞外へ電子を伝達する能力を利用することで、有機
   化合物の化学エネルギーを直接電気エネルギーに変換することが可能である。本技術
   は下水などの有機性廃棄物を処理(浄化)しながら発電を行うことができるため、
   環境型の廃棄物処理技術として脚光を浴びている。本講演では、微生物燃料電池の
   発電メカニズムについて解説し、有機性廃棄物処理への応用研究を例に本技術の最近
   の動向について概説する。

講演(3) 16:10~17:10 ○
講師:大阪大学太陽エネルギー化学研究センター 教授 中西周次 先生
演題:「単一金属原子が示す特異な電極触媒能」
要旨:金属(Me)を電極基板上に原子状に分散担持した触媒(Me1電極触媒)には、隣接す
   る金属サイトが存在しないことに由来するユニークな特性が現れる。また、そのMe1
   が置かれた分子環境の違いを反映し、バルクMeでは得られない活性を得ることも出
   来る。本講演では、Me1電極触媒の示すこうした特異な作用について紹介する。

懇親会 17:10~18:00

申込締切り:2017年6月8日(木)
 (定員になり次第、募集を締め切らせて頂きます。)
参加費・懇親会費について 会員:無料
(会員リスト:http://www.jaci.or.jp/about/page_06.html)
上記以外:10,000円
募集人数 100 人