脳科学調査WG講演会 - 東大・池谷先生と学ぶ脳科学 -の詳細



イベント名 脳科学調査WG講演会 - 東大・池谷先生と学ぶ脳科学 -
日時 2017-02-07 15時30分~18時10分
場所 当協会会議室
概要 脳科学調査WG講演会のご案内
  ― 東大・池谷先生と学ぶ脳科学 ―

 講演:15:30 – 17:00
(受付は15:00からとなります)

 講師:東京大学 大学院薬学研究科 薬品作用学教室
               教授 池谷 裕二 先生

 演題:「脳を考える」

 要旨: 脳の可塑性は、環境からの刺激に応じて変化し、その環境に適応してゆくために必要なプロセスです。生来的なプログラムだけで生存に十分であることは、多くの生物が脳を持たない事実からも明らかです。しかし、予期せぬ状況に直面したときに効果的に適応するときに可塑性が有利に働きます。可塑性とは、言い換えれば、「遺伝子で決まるデフォルトから、どれだけ自由に羽ばたくことができるのか」という能力のことです。
 当日は私の研究室で稼働している「脳創発プロジェクト」(自称)の中から、脳回路の自発活動と可塑性の話題を中心としながら、脳の自己操作や自発的記憶想起に関する話題をとりあげます。

 ※本講演は講師都合により、Web配信、配布資料はいずれもごさいませんので、
  聴講を希望される方は、本サイトからお早めに申し込みをお願いします。

 懇親会 17:10~18:10

 申込締切り:2017年2月3日(金)
 (定員になり次第、募集を締め切らせて頂きます。)

 お問い合わせ:当協会 事業部 event@jaci.or.jp
参加費・懇親会費について 参加費:当日受付でお支払いください。
 会員:無料(会員リスト:http://www.jaci.or.jp/about/page_06.html)
 上記以外:10,000円
募集人数 100 人