先端化学・材料技術部会 高選択性反応分科会講演会 「キラルブレンステッド酸触媒を用いた不斉合成」 「高性能有機触媒の分子設計と工業化」の詳細



イベント名 先端化学・材料技術部会 高選択性反応分科会講演会 「キラルブレンステッド酸触媒を用いた不斉合成」 「高性能有機触媒の分子設計と工業化」
日時 2017-02-02 14時0分~18時0分
場所 当協会会議室
概要 1.日時 2017年2月2日(木) 14:00~18:00
               *受付は13:30~です。*

2.場所 当協会会議室
     東京都千代田区三番町2番地 三番町KSビル2F

3.講演(1)14:00~15:25  〇

  講師:寺田 眞浩 氏
 東北大学・大学院理学研究科 教授

  演題:「キラルブレンステッド酸触媒を用いた不斉合成」

  要旨:ブレンステッド酸は汎用性の高い触媒として古くから用いられてきたが、その
     機能化による触媒的不斉合成が実現されたのは十数年前と比較的最近になって
     からである。そのきっかけとなった軸不斉ビナフトールを不斉源とする
     キラルリン酸触媒は現在、多くの研究者によって用いられており、多彩な反応系
     の不斉触媒化が実現されている。講演では、これまでのキラルリン酸触媒を
     用いた開発研究の動向とともに、キラルリン酸の共役塩基を用いた立体化学制御
     など、最先端研究の一端を紹介する。



 講演(2)15:30~16:55  〇

 講師:丸岡 啓二 氏
京都大学大学院理学研究科化学専攻 教授

 演題:「高性能有機触媒の分子設計と工業化」

 要旨:有機触媒のみならず触媒化学分野で、触媒活性の基になる「プリビリッジド・スト
    ラクチャー(privileged structure)」を如何に作るかは、触媒設計における生命
    線であろう。本講演では、工業化も含め、この問いに如何に答えるかについて、
    講演者の考え方や実現化について述べてみたい。



  ※両講演ともウェブ配信でもご聴講いただけます。

  懇親会 17:00~18:00

4.参加申込み:公益社団法人 新化学技術推進協会のホームページよりお申し込みください。
        http://www.jaci.or.jp

  申込締切り:2017年2月1日(火)
参加費・懇親会費について 参加費:当日受付でお支払いください。
    会員:無料(会員リスト:http://www.jaci.or.jp/about/page_06.html)
    上記以外:10,000円
懇親会費:無料
募集人数 80 人