エネルギー・資源技術部会 エネルギー分科会講演会「ヒドリドイオン導電体の開発とエネルギーデバイスへの応用可能性」のご案内の詳細


申し訳ありませんが、受付は終了しました。


イベント名 エネルギー・資源技術部会 エネルギー分科会講演会「ヒドリドイオン導電体の開発とエネルギーデバイスへの応用可能性」のご案内
日時 2016-09-26 15時0分~18時0分
場所 当協会会議室
概要 受付は14:30~です

1.日時 2016年9月26日(月)15:00~17:00 ○

2.場所 当協会会議室
     東京都千代田区三番町2番地 三番町KSビル2F

3.講演  15:00~17:00
講師: 小林 玄器 氏
自然科学研究機構 分子科学研究所
       協奏分子システム研究センター 階層分子システム解析部門
        特任准教授

演題: 「ヒドリドイオン導電体の開発とエネルギーデバイスへの応用可能性」

要旨: ヒドリド(H–)は酸化物イオンと同程度のイオン半径を持ち、価数と
      サイズの観点から高イオン導電が期待できる。
      また、H–はMgと同程度の酸化還元電位(-2.25 V vs. SHE)をもち、
      H–の酸化還元反応を電池反応に適応することができれば高エネルギー
      が得られる可能性がある。我々は、H–の電荷担体として魅力的な特徴
      に着目し、H–導電性材料の物質探索を行ってきた。
      本講演では、これまでに見いだしたH–導電性材料の合成とイオン導電特性
      について報告し、電解質としての可能性について言及する。

  懇親会 17:00~18:00

  申込み締切 9月21日(水)(定員になり次第、募集を締め切らせていただきます)
参加費・懇親会費について 会員:無料(会員リスト:http://www.jaci.or.jp/member_group/)
上記以外:10,000円(当日受付でお支払いください
   懇親会費:無料
募集人数 100 人