エネルギー分科会 講演会『水素社会の実現に向けて』の詳細



イベント名 エネルギー分科会 講演会『水素社会の実現に向けて』
日時 2019-09-10 15時00分~19時00分
場所 JACI会議室
概要 ◇受付は14:30-です。
◇〇のついている講演がサテライト配信対象講演となります。
 当協会と受信契約を結ばれている会員企業ではサテライト配信をご利用になり聴講いただけます。

◆15:00-16:00 講演〇
光島 重徳 氏 
横浜国立大学 大学院 工学研究院機能創生部門 教授

「再生可能エネルギー導入拡大のための水素や電解の役割と課題」

二酸化炭素排出量抑制のためには再エネの大規模導入が不可欠である。
再エネ電力のインバランスを解消する手段として、
水素はセクターカップリングのキャリアとしての役割を果たす。
水電解は、再エネ電力を化学エネルギーに変換するデバイスとして
重要性が増しているが、従来技術は変動電源に対応した技術ではない。
本講演では、再生可能エネルギーをベースとしたエネルギーシステムの
中での水素の役割と水電解技術の現状と課題についてまとめる。


◆16:10-17:10 講演〇

沼澤 健則 氏
物質・材料研究機構 液体水素材料研究センター 名誉・特別研究員
JST未来社会創造事業 革新的水素液化技術 水素液化システムグループ長

「液体水素生成技術の新展開 ー磁気冷凍技術ー」   

液体水素は気体水素の1/800の体積であり、水素エネルギーの輸送や貯蔵など
水素社会のインフラとして欠かすことができない。
JST未来社会創造事業では、革新的水素液化技術として磁気冷凍技術を用いた
新しい水素液化システムの研究が進行中である。
本講演ではプロジェクトの概要を紹介し、磁気冷凍技術の原理や現状を概観する。


◆17:10~18:10 懇親会


参加費・懇親会費について ☆参加費: 会員:無料(会員リスト:http://www.jaci.or.jp/about/page_06.html)
       上記以外:10,000円 当日受付でお支払いください
   
☆懇親会費:無料
募集人数 100 人